某健康情報TV番組でも取り上げられ、一躍注目されるようになったのがエクオールという成分です。

 

特に女性特有の症状の改善に効果が期待できると言われるエクオールですが、どのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

メディアで話題のエクオールとは

 

エクオールは大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内細菌により、代謝されることで変化し、体内で作られます。

 

腸内細菌エクオールが働く

 

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするという性質がありますが、この働きの元となるのがエクオールです。

 

エクオールの活性はエストロゲンより少ないものの、エストロゲンが不足するとその代わりに受容体にはまり込んで働きます。

 

逆にエストロゲンが過剰分泌されたときには、エクオールが先に受容体にはまり込むと、エストロゲンの活性を抑制して過剰分泌による害を防ぎます。

 

このようにエクオールにはエストロゲンの働きをコントロールする効果があるのです。
 

エクオールが注目される理由となる優れた効果

 

エストロゲンの働きがコントロールされることで得られる一番の効果は、更年期障害の症状の緩和です。

 

更年期障害というのは、閉経期前後の更年期に発症する障害です。

 

一般的に40代から50代の女性に発症すると言われていますが、近年ではライフスタイルや食生活に変化によって、発症年齢が低くなっています。

 

更年期障害が発症した女性

 

その一番の原因が女性ホルモンの分泌量の減少、もしくはバランスの崩れです。

 

エクオールは、エストロゲンの働きをカバーしてくれるので、女性ホルモンの乱れによって起こる更年期障害の症状を緩和する効果が期待できるのですね。

 

実験においても、更年期の症状が重い人には尿中のエクオールが少なく、症状が軽い人にはエクオールが多いという結果が出ています。

 

エクオールは更年期の症状に関わっていることが分かっています。

 

また女性ホルモンの乱れは、体調不良や肌トラブルなども引き起こしますから、こういった症状の改善にも効果が期待できるでしょう。

 

女性ホルモンはホルモン注射で補うことができますが、その代わり副作用のリスクがあります。

 

エクオールなら、副作用の心配もなく女性ホルモンの減少による症状を緩和できるので、幅広い年代の女性に注目されているのですね。