エクオールは大豆イソフラボンが変化したものといいますが、具体的にエクオール由来のサプリと大豆イソフラボン由来のサプリはどう違うのでしょうか。

 

その違いは女性の2人に1人が持つことができない機能に関係しています。

 

エクオールサプリメントと大豆イソフラボンサプリメントの具体的な違いについて見てみましょう。

 

 

大豆にはイソフラボンという特有の成分が含まれています。

 

このイソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きを持つと言います。

 

エストロゲンとは生理後から排卵直前まで盛んに分泌されるホルモンのことで、女性らしい体を作ると言われているホルモンです。

 

年齢とともに分泌量が減り、やがて更年期や閉経を迎えると言われています。

 

このとき多くの女性に現れるのがゆらぎという症状ですが、大豆イソフラボンを取ることで改善されると言われていました。

 

大豆イソフラボンが活躍するためには、大豆イソフラボンが腸から吸収されるときに、ダイゼインという成分がエクオールに変化することがポイントです。

 

 

ところが2人に1人はエクオールに変えることができず、作用が弱いと言われているのです。

 

エクオールは腸内細菌の働きで生まれるのですが、この腸内細菌を持たない人はエクオールを作ることができる人に比べエストロゲンの活性作用が低いと言われています。

 

そこで注目されているのがエクオールを直接取ることができるエクオールサプリです。

 

大豆イソフラボンからエクオールを作ることができないなら、直接口から取って腸から吸収しようということです。

 

そうすることで大豆イソフラボンに含まれるダイゼイン以上の働きを期待することができるでしょう。

 

また年齢が下がるにつれてエクオールを作ることができる人は少なくなっていると言われています。

 

その理由は食生活と言われていますが、エストロゲンの働きを補い、女性特有のゆらぎを改善するためには、大豆イソフラボンよりもエクオールの方がお勧めと言えるでしょう。

 

>Top page へ