女性の揺らぎを解消すると言われているエクオールが今注目を集めています。

 

エクオールサプリメントは現在、数社から販売されているのですが、その代表的な製品に大塚製薬のエクエルがあります。

 

 

この、大塚製薬エクエルを徹底的に研究してみることにしましょう。

 

40代・50代になると、女性ホルモンが徐々に減っていき、閉経を境に急激に減るといわれています。

 

 

エクオールは、その女性ホルモンの減少が原因で起こる”ゆらぎ”を解消するにために有効なのでは?ということから作られました。

 

エクオールはイソフラボンに含まれており、ゆらぎに対応するために有益と言われているのですが、エクオールを作り出すことができるのは実に2人に1人と言われています。

 

 

つまり、エクオールを作り出すことができない50%の女性のために、エクエルはサプリメントとして、開発されました。

 

イソフラボンをエクオールに変換できない体質の人でも、直接サプリメントとしてエクオールを摂取できるようになったのです。

 

大塚製薬のエクエルは、18年間の研究の末、世界初となる大豆を乳酸菌で発酵させる技術による、エクオール含有サプリメントとして作り出されたのです。

 
乳酸菌は腸内細菌の仲間である善玉菌として知られていますし、体に取り入れて決して害のあるものではありません。

 

合成や抽出、濃縮を行わずに大豆胚芽をそのまま使用していますので、安全性も高いのが特徴です。

 

1日4粒でエクオール1日の摂取目安量10mgを取ることができますので、女性特有のゆらぎに作用すると期待できるのです。

 

 

元々大豆イソフラボンの研究を進めていたところ、失敗してしまった、ということから生まれたのが大塚製薬のエクエルですから、その歴史や実績などを見ても、安心して飲むことができるでしょう。

 

年齢とともに現れやすくなる揺らぎに悩んでいる方は、大塚製薬のエクエルを検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>>Top page へ